バイオイルで膝の黒ずみが改善できる?バイオイルを解説!

膝の黒ずみはバイオイルで消えるのか?

 

膝,黒ずみ,バイオイル

 

バイオイルをご存知でしょうか?ちょっと前に流行ったんですが、傷跡などを改善するために使用するオイルのことです。

 

どうやらこれで膝の黒ずみをケアしている人がいるようなので実際に効果があるのか、その根拠は何なのかを探っていきたいと思います。

 

バイオイルの定義

 

バイオイルの公式サイトを見てみると、効果効能が書かれているのですが、

  • 完治したキズあとを柔軟にしてきれいに見せる
  • 乾燥による小じわを目立たなくする(効能評価試験済み)
  • 産前産後のスキンケアやボディケア

とのこと。しかし、同時にこんなことも書かれているんですね。

 

完治したキズのあととは、ケロイドや色素沈着のある肌ではなく、健常な状態に戻った肌のことです。
参照:バイオイル公式

 

色素沈殿のある肌でなく

 

膝の黒ずみはメラニンの色素沈殿が原因なので、それじゃ膝の黒ずみには効果ありませんよと言っているようなものなのです・・・。

 

それから、どんな部分に使えるのかの一覧では、

  • 顔の乾燥による小じわ
  • ニキビ跡
  • 日焼け後の乾燥
  • 水ぼうそうの跡
  • ストレッチマーク
  • ケガの跡
  • ひっかき傷の跡
  • 乾燥する手足や爪
  • すり傷跡
  • 軽いやけどの跡
  • 切り傷跡
  • 肌の乾燥
  • 虫刺され跡

 

黒ずみに使えるという表記は一切ありません。信じて使う分には良いですが、バイオイルの真の目的が膝の黒ずみを解決することでないことは確かです。

 

バイオイルは保湿のためのオイル

 

バイオイルの特徴は特殊な保湿成分などではなく、保湿成分を肌角質層まで届けるための成分に優れているということでした。その優れた運搬成分のお陰で肌角質層まで、ビタミンA、ビタミンE、その他オイルを届けてくれます。

 

ビタミンAやEは新陳代謝の促進やメラニンの生成を助ける効果があるので、本当は黒ずみにも使えるはずなのですが、効果効能に書かれていない以上信頼はできません。

 

やはりバイオイルは傷跡に使うのが良さそうです。実際に黒ずみを解決するためにはビタミンC誘導体やプラセンタの方が有効なので、今から黒ずみのためにバイオイルを買うのはおすすめとは言えないでしょう。

 

すでにバイオイルを持っている場合は予防に使おう!

 

バイオイルだけで膝の黒ずみを改善するのは難しいですが、保湿に優れているということなので予防には役立ちます。

 

膝の黒ずみは刺激が原因でできてしまっていますが、乾燥することで刺激に弱い肌になってしまうので、保湿して強い肌を作っていきましょう。

 

その後は黒ずみを改善するクリームなどでケアしていけばまた綺麗な膝が出てきてくれますよ。

関連ページ

ピーリングで膝の黒ずみが治るは嘘!正しく賢く使おう!
30代・40代の膝の黒ずみはピーリングだけでは治りません。それどころか黒ずみが濃くなってしまうので要注意です。
スクラブで膝の黒ずみが改善できるのか!その仕組みを解説
30代・40代の膝の黒ずみをスクラブで改善できるのかを解説しています。
病院や皮膚科で膝の黒ずみは治療できる?
30代・40代の膝の黒ずみを病院や皮膚科で治療する際にどんな方法をとるのか解説していきます。
膝の黒ずみに良いジェルの見極め方を解説しましょう!
30代・40代の膝の黒ずみを解決するためのジェルの見極め方を解説していきます。