膝の黒ずみを予防して改善の手助けをしよう!

膝の黒ずみを予防しよう!

 

膝,黒ずみ,予防

 

30台・40代に関わらず、膝の黒ずみを解消するためにはまず予防することが大切です。黒ずみと傷は同じように考えることができますが、傷を治そうとしているときに傷を重ねてはいつまでも治らないですよね。

 

これと同じように黒ずみを治すときは黒ずみを重ねてはいけません。というわけで改善方法を学ぶ前には予防法を学ぶ必要があります。ここでしっかり黒ずみ予防を身に着けておきましょう。

 

膝の黒ずみの原因は日々の生活

 

膝の黒ずみの原因は、

 

  • 床に膝をつく
  • デスクとの間で擦れる
  • スポーツなどで膝にサポーターをしている
  • スキニーなどのきつめのパンツをはいている
  • 紫外線による黒ずみ
  • 乾燥による黒ずみ
  • お手入れ不足
  • 過剰なお手入れ
  • スクラブ
  • ピーリング

 

30代・40代の膝の黒ずみの原因とは?

 

などでしたね。これらの原因の中で自分に当てはまるものをやめることが第一の予防法になります。とにかく原因を減らす!簡単なようでできていないことが多いので、まずはここを徹底しましょう。

 

床に膝をつく

 

仕事や育児、家事で膝を床につけていませんか?これは圧迫によって黒ずみが作られてしまうので、なるべく避けるようにしましょう。

 

デスクとの間で擦れる

 

デスクワークをしているとデスクに膝が擦れてしまうことがあります。この場合は椅子の高さを工夫していきましょう。

 

スポーツなどで膝にサポーターをしている

 

ママさんバレーやその他のスポーツで膝にサポーターをしていませんか?サポーターはしっかり締めて摩擦が起きないようにしておくことが重要です。

 

スキニーなどのきつめのパンツをはいている

 

なかなか足を見せる勇気はなくなってくるものですが、だからと言ってスキニーなどは摩擦の原因になります。ロングスカートだと摩擦が少ないので良いです。もちろんミニでも良いですけどね♪

 

紫外線による黒ずみ

 

私達の年代だとあまりないかもしれませんが、紫外線はメラニンを作るもとなのでUVクリームなどでしっかり予防していきましょう。

 

乾燥による黒ずみ

 

乾燥はこの後もう少し詳しく見ていきますが、しっかり保湿しておくことで黒ずみを予防することができます。

 

お手入れ不足

 

これも保湿に近いですが、膝のお手入れを怠ってはいけません。しっかりとした保湿ケアをしておかないと黒ずみはどんどん濃くなっていきます。

 

過剰なお手入れ

 

逆も然りで過剰なお手入れはいけません。特にこすって落とす、削って落とすなどのお手入れは厳禁なので、お手入れするなら易しくケアしてあげましょう。

 

スクラブ

 

まずスクラブで黒ずみは落ちません。スクラブをやめることが黒ずみの予防にもつながるので、今すぐやめてしまっても良いです。

 

ピーリング

 

ピーリングも同じです。酸で古い角質を溶かす美容法なので刺激が強く、黒ずみが作られる可能性があるので、やめてしまって良いでしょう。

 

30代・40代だからこその保湿

 

本当は20代でも膝の皮質って大切なんですけど、あんまり重要視されていないんですよね。ただ、加齢とともに肌の水分量が落ちてくることは間違いないので、私たちの年代ではより重要になってくることは言うまでもありません。

 

保湿がしっかりしていると肌バリアが強くなって、刺激にも強くなり、メラニンができにくくなることで黒ずみにもなりにくくなります。もしまだ黒ずみができていないなら保湿系の化粧水を塗っておくことも有効なのでぜひ試してみてくださいね。

 

もし黒ずみができているなら黒ずみクリーム

 

もしすでに黒ずみができてしまっている場合は保湿だけでは治りません。できてしまった黒ずみを解消するにはターンオーバーの力を使いますが、30代・40代のターンオーバーの周期はかなり遅いので時間がかかってしまいます。

 

そこで、「ターンオーバー・保湿・メラニンの抑制」を3つ同時にできる黒ずみクリームを使っていくのが良いでしょう。つまりこれは「黒ずみの改善」と「黒ずみの予防」がたった1つのクリームでできるということなので、時間的なコスパが良いです。

 

特に今は返金保証がついているものばかりなので、迷ったら試してみるのが良いですね。まずは予防!そして改善へとつなげていきましょう。

関連ページ

30代・40代の膝の黒ずみの原因とは?
30代・40代の膝の黒ずみの原因を紹介していきます。予防や改善にも役立つのでぜひ読んでみてくださいね。